みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

Google Maps API をつかって現在地の住所を割り出す。

今日は、Google Maps API をつかって現在地の割り出しを行ってみたいと思います。


// Google Maps API の読み込み
<script src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>

// 現在地の割り出し
<script>
(function(win, doc) {

    "use strict";

    win.onload = function() {
        var geocoder = new google.maps.Geocoder;
        
        init();
        
        function init(evt) {
            // 現在地の割り出し
            navigator.geolocation.getCurrentPosition(function(pos) {
                var lat     = pos.coords.latitude, // 緯度割り出し
                    lng     = pos.coords.longitude, // 軽度割り出し
                    xhr     = new XMLHttpRequest,
                    latLang = new google.maps.LatLng(lat, lng, false); // 現在地のLatLngオブジェクトの作成

                // 引数にLatLngオブジェクトを渡してジオコーディング
                geocoder.geocode({location: latLang}, function(results, status) {
                    var msg = "";

                    if (status == google.maps.GeocoderStatus.OK) { 
                        msg = results[0].formatted_address; // 住所を取得
                    } else {
                        msg = "おそらくなにかしらのエラーです。";
                    }
                    
                    alert(msg); // 住所を表示
                });
            });
        }
    }
})(this, document);
</script>

以上です。色々便利に使えそうです。