読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

世界のいいねボタンを押してみよう。

JavaScript Facebook SNS

先日、Facebookのいいねボタンをサイトに設置する際、パラメータとして言語を設定できることに気づきました。

例えば、いいねボタンをフランス語で表示したいなら、

locale=fr_FR

という値をパラメータとして渡すと、

と、フランス語になり、若干おしゃれさがアップするような気さえします。

で、全部で何種類ぐらいあるのか気になったので色々調べてみた結果がこちらです。



たくさんありますね。
いくつか気になったものを見ていきましょう。

アラビア語, ペルシア語, パシュト語

文字を右から読む言語はボタンも右詰めになるようです。

海賊英語

English (Pirate) と書いてあるので海賊が話す英語ということでしょうか。
海賊のサイトをつくる際につかえるかもしれません。

逆さま英語

English (Upside Down) と書いてあるので逆さまの英語ということでしょうか。確かにLikeが逆さまになっています。
逆さまのサイト(?)をつくる際につかえるかもしれません。

ハッカー

leetspeakをハッカー語と訳すのが妥当なのかはわかりませんが、

アルファベットの表記を字形や音が似た別の文字に置き換えて示す表記方法のこと

ということらしいです。

http://www.weblio.jp/content/Leet+Speak

台湾語

ざっとみた感じ、一番スペースをつかわずに設置できそうです。
もしかしたら狭いサイトには良いかもしれません。


以上です。
世界にはいろんな「いいね!」がありますね。