みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

JavaScriptでテキストの選択範囲を抽出する

window.getSelection();

で選択範囲を取得することができ、toStringメソッドを叩くことでテキストにできます。


JavaScript

(function(win, doc) {

  "use strict";

  var select = doc.getElementById("select");

  win.addEventListener("mouseup", _handleMouseup, true);

  function _handleMouseup() {
    var txt = win.getSelection().toString();

    select.innerText = txt;
  }

})(this, document);

DEMO

選択範囲をコピーするデモです。