みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

Ethernet Shield2(イーサネットシールド2)をつかってArduinoをWebサーバにする

www.switch-science.com

Arduino イーサネットシールド2

Arduino イーサネットシールド2


0. PC・ルーター・ArduinoをLANでつなぎます

f:id:kimizuka:20160704203254j:plain

こんな感じのイメージです。

1. Arduinoのインストール or アップデートします

www.arduino.org

1.7.2以降のArduino IDEを入手します。
1.7.2より前のバージョンだと動きません。

2. ライブラリをダウンロードします

github.com

3. ライブラリを保存します

~/Documents/Arduino/libraries/ 以下に保存しましょう。

4. サンプルスケッチを編集します

Ethernet2/examples/WebServer/WebServer.ino を編集します。
MacアドレスとIPアドレスの2箇所直しましょう。

/*
  Web Server

 A simple web server that shows the value of the analog input pins.
 using an Arduino Wiznet Ethernet shield.

 Circuit:
 * Ethernet shield attached to pins 10, 11, 12, 13
 * Analog inputs attached to pins A0 through A5 (optional)

 created 18 Dec 2009
 by David A. Mellis
 modified 9 Apr 2012
 by Tom Igoe

 */

#include <SPI.h>
#include <Ethernet2.h>

// Enter a MAC address and IP address for your controller below.
// The IP address will be dependent on your local network:
byte mac[] = {
  0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF, 0xFE, 0xED // ここをEthernet Shieldに書いてあるMacアドレスに変更
};
IPAddress ip(192, 168, 1, 177); // ここを適当なIPアドレス(ルーター内で空いているもの)に変更

...
5. サンプルスケッチを書き込み実行します
6. ブラウザに4で書いたIPを入力するとArduinoにアクセスすることができます

と、こんな感じです。