みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

Raspberry Pi 3 Model Bをらくらくセットアップ

mag.switch-science.com

先日「Raspberry Pi 3 Model B+」が発表されましたがいかがお過ごしでしょうか。

以前、買ったまま放置していた「Raspberry Pi 3 Model B」のセットアップをようやくセットアップしたので、その時の手順をまとめておきます。
思っていたよりも簡単にセットアップできました。

1. 必要なものを購入

Raspberry Pi 3 MODEL B

Raspberry Pi 3 MODEL B

Raspberry Pi 3 MODEL B

microSDカード(16GB)とアダプター

シリコンパワー microSDHCカード 16GB class10 アダプタ付 永久保証 ブラック SP016GBSTH010V10SP

シリコンパワー microSDHCカード 16GB class10 アダプタ付 永久保証 ブラック SP016GBSTH010V10SP

USBキーボード(US配列)

iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボードUS English配列 ブラック BSKBU18ENBK

iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボードUS English配列 ブラック BSKBU18ENBK

USBマウス

Amazonベーシック USBマウス MSU0939

Amazonベーシック USBマウス MSU0939


※ マイクロUSBケーブル、HDMIディスプレイとHDMIケーブルは既に持っているものを流用しました。


2. RASPBIANのダウンロード

www.raspberrypi.org

WITH DESKTOPのzipをダウンロードします。
(やたら時間がかかりました)


3. zipファイルの解凍

unzip 2018-03-13-raspbian-stretch.zip

4. SDカードがどこに刺さっているのか確認

diskutil list
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *500.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         500.1 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +500.1 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            448.5 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 19.4 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                509.8 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      2.1 GB     disk1s4

/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *16.0 GB    disk2
   1:             Windows_FAT_32 boot                    43.8 MB    disk2s1
   2:                      Linux                         15.9 GB    disk2s2

僕はこんな感じでした。
disk2として認識されていることがわかります。


5. SDカードをフォーマット

diskutil eraseDisk FAT32 RPI /dev/disk2 

disk2に刺さっている場合はこんな感じです。


6. SDカードをアンマウント

diskutil unmountDisk /dev/disk2

disk2に刺さっている場合はこんな感じです。
アンマウントしてからカードを抜きましょう。


7. RASPBIANの書き込み

sudo dd bs=1m if=2017-04-10-raspbian-jessie-lite.img of=/dev/disk2

進捗が表示されず不安な気持ちになりますが、しばらく待ちます。


8. Raspberry Piを起動する

  1. Raspberry PiにSDカードを刺す
  2. USBキーボード、USBマウスをつなぐ
  3. HDMIケーブルでディスプレイとつなぐ
  4. 電源供給用のUSBを刺す


これで無事に起動できました。
昔はもっと面倒だったらしく、わりと簡単になったようです。