みかづきブログ その3

3ヶ月つづけてみました。

続・YouTube Player API を つかってみよう。

前回は指定したIDのビデオを1本のみ再生しましたが、
今回は複数のIDを配列で渡してプレイリストの再生に試みます。


<!DOCTYPE HTML>
<html>
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>YouTube Player API テスト</title>
    </head>
    <body>
        <div id="player"></div>

        <script>
            var player;

            function onYouTubeIframeAPIReady() {
                // プレイヤーインスタンスの作成
                player = new YT.Player("player", {
                    width   : "320",
                    height  : "195",
                    events  : {
                        "onReady" : onPlayerReady
                    }
                });
            }

            function onPlayerReady() {
                // プレイリストにしたいビデオのIDを配列で追加
                player.cuePlaylist(["KFeJahvkXOQ", "cAFpNTjJD38"]);
            }

        </script>
        <!--iframeAPIを読み込み-->
        <script src="https://www.youtube.com/iframe_api">
    </body>
</html>

いかがでしょうか。
cuePlaylistメソッドを使うことによって、
ファイナルフラッシュ」 → 「なんちゃって」の順番で再生できたと思います。

今回も初歩の初歩だったので非常にお手軽でした。
次回はもうちょっとだけ複雑なプレイリストに挑戦してみたいと思います。